houtyou

刃こぼれを直す豆知識を紹介します。
玄関先に包丁職人の人が来て、切れなくなったナイフや包丁を500円で研いでくれるサービスがあったのですが、

その包丁の職人の方から聞いた豆知識なので、間違いないと思います。

実際、よくその方法を使って刃こぼれを直しています。
効果は歴然で、やる前と後では刃の切れ味が全然違います。

 
どうやって刃こぼれを直すのかと言うと、

 

 

セトモノならなんでもいいのですが、
ベストなのはご飯茶碗(セトモノ)のうらをひっくり返した時のひょっとこのような部分に対して、

 
切れ味が悪くなった包丁の刃をひょっとこのような部分にたいして水平に沿わすかんじで添えて、そのまま、シャーって手前に引きます。

 

 

この動作をリズミカルに大体10回以上繰り返します。

 
これによって、包丁の切れ味が抜群に良くなります。

 

よく日本昔話などで人食いおばばが包丁をシャーっと研いでいる、あんな感じです。

 

 

又、これは包丁意外の刃物でも同様に適用できます。

 
例えば100円ショップで買ったもともと切れ味が悪いハサミなどに対しても片方づつ、刃を上記のように研いでやれば、切れ味が格段に良くなります。

 

ぜひ試してみてください。