まずは大手引越し業者でもとりあえず見積もりを取ってみましょう。
この価格を参考に次の業者の見積もりへと話が進みます。

最初の業者はびっくりするぐらい料金が高い!と後々気付きますので、1社だけで決めてしまわない事が重要です。
繰り返していけば、ご近所の中で安い引越し業者が分かっていきます。

対応は大変ですが、引越し料金は水ものなので、いくらでも変動します。
ですのでやってみる価値はあります。

業者さんは口コミを大事にしているので、
『安くしてくれたら、他の人にも口コミで広めておきます。』と付け加えておきましょう。

『良く比較して、安い業者さんにお願いしようと思っている』と言えば、大体業者さんから提案があると思います。
『引越し日を変更してくれれば』とか『ダンボールを自分で集めて頂けるなら』とかです。

ここら辺で、出来る事だけ了承すればその業者の最低額が分かると思います。
この金額以下は無理。というときは営業さんの顔が歪むというか、雰囲気が変わるので、分かると思います。

自宅見積もりをする理由は、当日に荷物量が想定以上に増えているという事が日常茶飯事になる為です。
最終的には、見積もりは自宅で交渉するのが基本です。